TOPページへ ごあいさつ ごあんない ぜんそくQ&A 院長のコラム 院長著書
 
■食生活との関係
どのような方がなるのでしょうか?
刑部 アレルギーっていう病気はだいたい遺伝的要因が非常に大きいって言われているんですね。で、遺伝っていうとDNAが関与してくるんです。どういうように関与してくるかっていうと、たとえばお父さんお母さんのどちらかがアレルギーの遺伝子を持っているとします。そしてお子さんが生まれますね。そうするとDNAが必ず伝達されます。そのお子さんが結婚なさって子供が生まれるとDNAがまた伝達される。だから、子孫のDNAと先祖のDNAを見るとあっ同じだなっていうのがわかるから、親子関係、親戚関係だってわかります。これが遺伝子ですよね。アレルギーも同じように伝わっていくんじゃないかって言われているんですよ。100%じゃないですけど。

だから逆を言うと、まったく先祖に遺伝的素因がない方が突然花粉症とかぜんそくとかっていうそういう疾患に陥ることは、100%じゃないですけど、少ないんです。アレルギーの疾患も持ってらっしゃる方は、よく話を聞いてみるとお父さんとかおじさんとかが持っていたり、非常に遺伝的素因が強いんですよ。
アトピー皮膚炎の子が食品添加物を摂取すると症状が出やすいですよね。 遺伝が原因であっても、食生活を改善すれば花粉症になりにくいということはありますか。
刑部 花粉症について言えば、反応する場所が違うから、食事は関係ないと思います。
身体が体力的に弱っている人や、高齢者や赤ちゃんが花粉症になりやすいということはありますか?
刑部 それはないです。健康でもなります。あくまで環境や体質の問題です。


全国地域ブロック別スギ花粉症有病率
出典:『鼻アレルギー診療ガイドライン──通年性鼻炎と花粉症』(ライフ・サイエンス刊)


Copyright (C) 2003 おさかべクリニック. All Rights Reserved.
〒225-0011横浜市青葉区あざみ野2-9-11サンサーラあざみ野 3F TEL045(902)3033